« そけい | トップページ | 初夏 »

色の名前

花束や鉢物を包むとき、使う色んなペーパーやリボンを資材と呼んでいます。

資材選びはかなり楽しい作業で、ちょっとした買い物依存症のような気持ちになるのですが。

そういうときに、色見本というものを見る機会があります。

資材のカタログに小さく付いてくる、サンプル集のようなもの。

これがなんともいえず心躍ります。

同じ形に切り取られたサンプルがずらーっと並んでいて、おのおのの脇に色の名前が記されています。

色の名前。

絵の具やクレヨンみたいに、赤・青・黄色って書いてあることはまずなくて。

それぞれ素敵な名前がついてたりするのです。

ちなみに最近みた資材の色の名前は、「牡丹・薄藤・アプリコット・萌黄・いずみ・薄荷・空・

らくだ・わらび・銀鼠・青竹・さくら・はなだ・ススキetc...」ってね。

薄荷(ハッカ)なんて、透明な青?水色?白っぽくて、煤けた感じで、冷たい色?

ひといろで表せられないような名前。

もう、なんというか、端から全部揃えたくなりそうな気持ちを必死で抑えて、3色まで・・・いや5色まで・・・。と悶々としながら選ぶのでした。

Img_0058 花の色もそれぞれ。

手にするたびに違います。

水を含んだ生き物だから、なんとなくこないだと違うなと思うこともしばしば。

日々うつろう色も、それぞれにきれいです。

Img_0061 薄荷のような、ラムネのような、透明な水色の紫陽花を入れて、色んな白のグラデーションで束ねた花を、お誕生日にお届けしました。

お誕生日おめでとうございました^^

|

« そけい | トップページ | 初夏 »

「ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/273882/21716334

この記事へのトラックバック一覧です: 色の名前:

« そけい | トップページ | 初夏 »