« ダリア | トップページ | &R »

嵐の夜に

雷雲と競争しながら、都会へ。

早引けさせてもらってのお出かけは、自分のための花を習いに。

ずっと好きだったウェディングのアトリエへ、ブーケを教わりに行きました。

夏休み、どこへ行くともなく過ごしていたので、ごほうびのようなもの。

ごほうび、という言葉が好きです。目先にいつもちらつかせて、日々を乗り切っています。

空気が揺れるほどの雷の音を聞きながら、じっくりと。

送り主様も、お届け先もない、自分のためだけに挿す花はとても新鮮な気持ちになりました。

苦手なものは、仕事でなくとも沢山あるのですが。沢山に埋もれてなにも見えないほどなのですが。

まがりなりにも花屋?なんです。お仕事こそは、きちんとしたいなと思っているのです。

でも、どんなに心を配っても、もっとできたかな、という気持ちが消えることはなくて。

喜んでいただけたことで、許されるような気持ちになることばかりです。

自信がないことは、よくないこと。

少しでも近づきたいものを、沢山見るようにしています。

小さな花屋、そうそうウェディングのお仕事が頻繁にあるわけではないのに、それでもうちへご依頼いただけることもあって、ほんとうにありがたいことだと思います。

お気持ちに、どーんと笑顔で答えられるようになりたいなぁ、なんて遠くを見て思います。

なので。

少しだけ、気持ちの底に入れられる新しいものを探してみました。見つけられたわけではないけれど。

Img_0606 カラーで流れるラインを出したブーケ。

オフホワイトからほんの少し秋色にかけた色のグラデーションで。

右上にほんの少し見えている濃い目の紫は果物のプルーン。

生の実を入れると、みずみずしくみえるから不思議。

Img_0616  主役はカラーでしたが、この写真の部分がね、もう・・・かわいいとしかいえないんですよ。

用意していただいた花がどれも素敵だったので、作りながらも、ふ、と気が抜けてにやにやしてしまい、ちっとも集中して無いじゃんって自分つっこみを入れながら。気づいたら、確か、3時間以上・・・。

大慌てで帰らせていただきました。ちょっと自宅が遠いことがさみしくなったりもして。でもやはり、都会はまぶしいなぁ、なんて思いながら、びしょぬれで帰宅。

嵐の中のとても贅沢な時間。

間違いなく、ごほうびでした。お世話になりました。ありがとうございます。

Img_0621 なんだか自分のことばかり書いてしまいました。たまにはね、お許しくださいませ。あー、楽しかったです☆

昨日、私がいない間に、お店でも素敵なことがあったようなのですが、

それはまた来週にでも。(ってひっぱってみたり、ふふふ。)

皆様、よい日曜日を^^

|

« ダリア | トップページ | &R »

「ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/273882/23358817

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の夜に:

« ダリア | トップページ | &R »