« シルバーツリーのアレンジ。 | トップページ | アンスリューム。 »

ヒマワリ。

20120817_113957_0006 お見舞いに。

ひまわり。今がまさに、の花です。

大きさ、形、色だっていろいろ。名前もいろいろで、市場で選ぶのが楽しい。

ちなみにchigusaが好きなのは、『東北八重』という八重咲き品種。ぱあっと明るいヒマワリ。

私が好きなのは、『ジェイド』という名前の、ちょっと黄緑がかった品種。残念ながら、今はあまり見かけなくなってしまいました。

モネやゴッホ、ゴーギャンなど、画家の名前がついたシリーズも人気です。ちょっと、もじゃもじゃしてて、かわいいんです。

あとは、茶色の『ココア』とかね。茎もしっかりと茶色。面白い。

季節が進むと、種だけのものとかも出回ります。へんちょこりんなもの好きなお客様には、とっても喜ばれるだろうなーと思いつつ、あまり数が出回らないので、日々花にやってきたことはありません。ちぇ。

写真のヒマワリのような、一重の、ザ・ヒマワリ、といったお花は、咲き進むにつれ、花びらがはらはらと落ちてしまいます。

が、そこで枯れてしまったとあきらめないで、ひとてま。

残ってる、しおれた花びらも全部、むしってしまいましょう。

芯とガクだけが残った、不思議な形が現れます。ネオヒマワリ。渋くてとてもかっこいいです。

たぶんそのまま、少なくとも3日くらいは飾っておけるはずです。

それから。

ヒマワリのように、茎がけばけばとしている花を活けるときは、お水は控えめに。

お水を替えるときに、切り口を新しくしてあげると、長持ちします。

そして結構みなさんが見落としがちな一点。

お水を替えるときは、必ず花瓶の内側を洗剤で、(洗剤が嫌だったら、スポンジで)ごしごしっと洗っていただけたら、ほんとうに花持ちは変わります。

花瓶の内側って、手でさわって確かめてみると、意外ときゅきゅっときれいになっていないことが多いです。夏は特にね。

ささいなことですが、せっかく夏でも切り花を飾りたいと思っていただけるかたに、やっぱり夏はもたないわぁと、悲しく思われてしまうことが、しょんぼりだったので、簡単なこと、少しだけお知らせしてみました。

あついあつい夏もきっとあとひとつきちょっと。

市場には秋先取りの花もちらほらと出てきました。

9月になれば、またせわしなく季節が過ぎていくようで、少し怖くもありますが。

花屋的には待ち遠しい秋です。

|

« シルバーツリーのアレンジ。 | トップページ | アンスリューム。 »

「ショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/273882/46724555

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマワリ。:

« シルバーツリーのアレンジ。 | トップページ | アンスリューム。 »